calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

お店紹介

十三 居酒屋 和屋 店前

★ 和屋HP★
大阪 十三 居酒屋 和屋 ホームページ

★ ADDRESS ★
大阪市淀川区十三東3−25−7

★ TEL・FAX ★
06(6886)1543

★ 営業時間 ★
PM 5:00〜 AM 12:00
定休日 水曜日

★ 地図 ★
詳しくはコチラ!→地図

楽天セール

ブログするならJUGEM

雁木 純米

毎度おおきに十三居酒屋・和屋です。 十三駅東出口より徒歩2分。 売り切りごめんのng>限定日本酒が入荷しました。 山口県は岩国市からやってまいりましたのは、 純米・無濾過生原酒  八百新酒造 さんの雁木。 この雁木の仕込み樽をひと樽丸買いしましたのが、 十三の酒屋さん明治屋さんでして、 その仕込み樽より、直汲みの搾りたてを瓶詰めされました。 まさしく今だけしか飲めない、限定品です。 味わいは、若干の微発砲があり、ぐっとくる味わいながら、 酒度2度としては、なかなかの辛口。 それ故に、切れ上がりの良さはキリッとええ感じです。 仕入れた物が無くなり次第の売り切れです。 早 style="font-size:medium;">ng>い者勝ちの、一g>合¥880。 お待ちしております。 がんぎ

JUGEMテーマ:十三の居酒屋さん


日本酒 陸奥八仙 青森県 八戸酒造

十三・居酒屋・和屋です。

十三駅東出口より徒歩で2分。

日本酒のラインアップに新メンバーが加わります。

青森県よりの参加です。

八戸酒造より陸奥八仙(むつはっせん)純米無濾過生原酒

日本酒度+3 アルコール度数17度

酒米 まっしぐら  精米度数55/60%

口にふくんだ時に広がる香りは、フルーティーで芳醇な香りが口中いっぱいに、

されど濃厚すぎずに、瑞々しさと呑みきりのよさがあります。

直汲みゆえのお酒本来の旨味を楽しめる一献です。

JUGEMテーマ:十三の居酒屋さん

 


夏の超しゅわしゅわ日本酒

毎度おおきに、十三居酒屋・和屋です。

阪急電車の東出口から徒歩2分。

夏に出来上がる、今年仕込みのしゅわしゅわの日本酒・琵琶の長寿

滋賀県の琵琶湖の湖畔、池本酒造さんよりの産直の一献

今までにこれほどの発泡日本酒はありません。

うかつに開栓しますと、シャンパンシャワーのごとくブッシューと・・・・

一口も飲むことなく、ビンの中は空っぽ。

ぐらいの超発泡なんです。

でも〜しっかりと、米の味がしましていいお酒の味わいがします。

まだ、熟成しつつあるフレッシュ感のある辛口の一献。

夏だけの限定の限定数の発売です。

和屋もある程度はキープしておりますが、売り切れごめんです。

皆様ののお早いお越しをお待ちしております。

琵琶の長寿

JUGEMテーマ:十三の居酒屋さん


島岡酒造・初しぼり

 十三の離れ居酒屋・和屋です。
今年は以外にすんなりになったような気がします。
夏の暑さもいいんですが、やっぱりこの爽やか感はいいですね!
ひさびさに日本酒の紹介です。
しかも、今回は限定物です。
今お付き合いさしていただいております、酒屋さん・上畑酒店さんが、
群馬県の蔵元・島岡酒造さんに特別にお願いして、ビン詰めされました。
島岡酒造さんと言えば、和屋で燗酒ように使わしていただいております、
群馬泉。ほとんど関西では聞くことのない名酒です。
しかりとした味わいながら、無駄に出張らずに、
料理を更に美味しくしてくれるなかなかいいお酒です。
そこの酒造の樽から、早汲みしましたものを限定ビン詰め。
薄にごりの微発泡、すこしフルーテイーな香りがあり、
口中にふあ〜〜〜と美味しいお酒の香りが充満してうっとりしていると、
するする〜〜ときれていきます。
微発泡なのが更に呑みやすさを手伝って、なんぼでも呑めそうな一献。
上出来のお酒・初しぼり 冷酒にて湾ショット|¥550 どうですか・・?
初しぼり
JUGEMテーマ:大阪 十三のお店

神奈川県 新亀

 十三の離れ居酒屋・和屋です。
阪急電車で十三駅まで、東出口から徒歩5分。
淀川区役所の北側です。
おいし〜〜〜いい!お酒の紹介です
神奈川県からのお越しです。
新亀 上樽中汲み無濾過純米
聞くからに美味しい感じが満載でしょ。
いやぁ〜〜まじ旨!!ですわ。
樽のお酒を機械を使わずに、自然に越し布から絞り出てくる清酒を、
火入れせずに、そのまま瓶ずめされた生酒です。
ですので、じゃっかんのオリがあり、薄く濁っています。
つまりは、酵母がまだ生きているじょうたいです。
ひとまず口に含んでみますと・・・・
口中に清涼感のある甘味が芳醇な香りと共に・・ぶわぁ〜〜っと広がって・・
軽〜〜い恍惚感に包まれます。
して、咽もとを過ぎ去っていきますと・・
きりりっと絞めあがるように切れる辛口の旨さが・・・
う〜ん・・すばらしく上品に丁寧に造られているのが伝わってくる一献です。
これからですと、ほたるいかなんかと合わせると、
旨さが何乗になる事間違いなし。
これは、呑むべし!!
JUGEMテーマ:大阪 十三のお店
神亀 純米酒

| 1/3PAGES | >>